平成30年度受講生募集

 

<講座7

電気工事士取得対策講座

ご案内


  電気工事士になろう!
              

 ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るために工事の内容によって一定の資格のある人でなければ、電気工事を行ってはならないことが、法令で決められています。
その資格のある人を電気工事士といいます。
 
 
電気工事士の資格には、第一種と第二種の2種類があります。
  第1種電気工事士 第二種の範囲と最大電力500キロワット未満の工場、
               ビルなどの工事に従事できます。

  第2種電気工事士 最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事
               に従事できます

 
電気工事士試験は、筆記試験と技能試験に分けられており、受験資格は学歴、年齢、性別、等の制限は無く誰でも受験できます。
技能試験は、筆記試験合格者と筆記試験免除者でなければ受験することができません。
 
受験対策講座として筆記コースとして、筆記試験を突破するためのキーポイントを効率的に学習し合格を目指します。
技能コースは、各々のテーマに沿って、指導員の助言の下で反復練習し技能試験の合格をめざします。
   

<講座71> 第一種電気工事士取得講座(筆記コース)
<講座72> 第一種電気工事士取得講座(技能コース)
<講座73> 第二種電気工事士取得講座(筆記コース)
<講座74> 第二種電気工事士取得講座(技能コース)


職業訓練法人 愛知県電機技術振興会

愛知県電機技術工学院

 

 

 

 

事業内容外国人実習生教育訓練方針受講生募集お問い合わせトップページ